江川君博士論文本審査

新年あけましておめでとうございます。
年末年始ゆっくり過ごされた方も多いかと思いますが、大学の研究室の年明けは大体卒業論文で大わらわな印象です。

精密工学専攻は学士・修士は論文の締切がおおよそ1月下旬頃なのですが、それに先駆けて三村研究室の江川君の博士論文本審査がありました。
流石に審査時の会場はピリピリしていて写真を取る間もなかったので、終了後のプチ打ち上げ会の様子をアップロードさせていただきます。

根津駅近くのブラジル料理店にて

江川君(左から二人目)の良い笑顔を見てもらえれば、どの様な結果だったか分かってもらえるのではないでしょうか…!😆
自分も普段から頻繁に議論をしているので、彼の研究内容は良く知っているのですが、それでも本当に綺麗に纏まった論文で感心しました。
卒業まであと少しですが、最後の最後に三村先生がガッツリ指導されるとのことでしたので、最後まで気を抜かずに頑張ってください👍

折角ですので、ちょうど3日前に公開された江川君の論文のリンクを掲載させてもらいます。

Single-shot achromatic imaging for broadband soft x-ray pulses.

…ところでこの博士論文審査なのですが、長時間面接をしていただく副査の先生方にケーキを振る舞う慣例(?)があります。
最近三村先生にそのケーキの調達係を任されているのですが、少しでも審査の印象が良くなればと、毎回頭を絞ってお店を選んでいます。(半分趣味です😅)
今回は、国枝研究室B4の佐藤さんオススメのAvranches Guesnayという、三田線春日駅近くのお洒落な洋菓子屋さんをチョイスしました。
美味しそうなケーキばかりでしたので、博士論文審査前にこっそり撮った写真を幾つか掲載させてもらいます。

ケーキの上の果物は金柑です!

もちろん購入費は三村先生のポケットマネーから出してもらっています。
先生方の印象点を、少しでも上乗せできていたら良いのですが😁

(木村)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です