三村研究室へようこそ!

本グループでは、極限精度をキーワードに、ナノ精度加工、ナノ精度計測、
ナノ精度転写(量産)を目指した新しい生産技術の開発を行っています。

三村研究室(ナノ精度加工研究グループ)

Head:三村 秀和 (MIMURA Hidekazu)

 極限の精度は、原子オーダーになります。この精度を実現するためには、従来の方法の発展も重要ですが、様々な物理・化学現象を利用し、原理的にその精度を達成する現象を利用した技術を生み出す必要があります。本グループでは、表面科学、電気化学、光学、流体力学などの学問分野をベースに、高精度メカトロニクスを融合させ、まったく新しい加工・計測・転写技術の開発を行います。

 研究をトップスピードで進めるためには、互いの長所を活かし、短所を補完しあう共同研究は重要となります。各学生の研究テーマのほとんどは、基本的に公的研究機関、他大学、企業との共同研究となります。学生も企業や共同研究者との交渉を行いますので、責任を持って進めていきます。

最近の更新

HPリニューアル!

この度HPをリニューアル致しました!皆さんに喜んでいただける用に日々精進したいと思っています。ご意見等ありましたら、ご連絡お願いします。

Read more

アクリルボード!

 居室の大テーブルにアクリルボードを置きました!程良い透明度で気にならず、なかなかいい感じに部屋に馴染みました。オンライン化が進んでいますが利用する機会もあるのでコロナ対策です。扉と窓は常時オープンにして、マスクと消毒液[…]

Read more

新任のご挨拶

9月24日から三村研究室に来ることになりました内野と申します。実験補佐員になります。まだまだ不慣れですが、穏やかな先生と、優しい学生さん達に教えて頂きながら過ごしています。現在コロナの影響で、研究室に来る学生さんの人数は[…]

Read more
Translate (google) »